(プレミアムフライデーは日本に定(てい)着(ちゃく)する)のか

プレ金在日本落實了嗎

#1

(2月24日の金曜日から始まる)「プレミアムフライデー」を前に[  1] 、各(かく)社(しゃ)の取り組みが本(ほん)格(かく)化(か)している。

プレミアムフライデーとは、(原(げん)則(そく)月(げつ)末(まつ)の金曜日は午後3時ごろまでに退社時間を繰(く)り上(あ)げ、買い物や観光などの時間を創(そう)出(しゅつ)しようという)もの。主(しゅ)目(もく)的(てき)は消(しょう)費(ひ)喚(かん)起(き)で、働き方改(かい)革(かく)も兼(か)ねている。

二月二十四日星期五開始的プレ金的時候,每家公司面對這個把它正式化。
プレ金原則上是每個月最後的星期五提前下班時間約三點左右,想要創造出有買東西和觀光的時間。主要的目的是喚起消費也兼具工作方式的改革。
■ビール半(はん)額(がく)、旅行も割(わり)引(びき)に
啤酒半價、旅行也打折
旅(りょ)行(こう)業(ぎょう)界(かい)では、(最(さい)大(おお)手(て)JTBが2月24日と3月31日(金)を出発日とする)旅行プランを販(はん)売(ばい)。枚(まい)数(すう)限(げん)定(てい)で(ツアー代(だい)金(きん)や宿(しゅく)泊(はく)料(りょう)を割引する)クーポンも配(はい)布(ふ)した。(当日は、自社とグループ会社の社員にも早い時間の退(たい)社(しゃ)を促(うなが)す)方(ほう)針(しん)だ。

外(がい)食(しょく)業(ぎょう)界(かい)では、サントリー系(けい)列(れつ)の一部の飲(いん)食(しょく)店(てん)が(開(かい)店(てん)時間を早(はや)め、15~18時限定で「ザ・プレミアム・モルツ」を半(はん)額(がく)で提(てい)供(きょう)する)取(と)り組(く)みを行(おこな)う。

百(ひゃ)貨(っか)店(てん)業(ぎょう)界(かい)は(すでに“セール疲れ”に陥(おち)っている)こともあり、大(だい)々(だい)的(てき)なセールは行(おこな)わない。「実(じ)施(っし)規(き)模(ぼ)が不(ふ)明(めい)で、大(おお)掛(が)かりなイベントは正(しょう)直(じき)やりづらい」(大(おお)手(て)百(ひゃ)貨(っか)店(てん)の関(かん)係(けい)者(しゃ))。(衣(い)料(りょう)品(ひん)販(はん)売(ばい)も苦戦している)ことから、伊(い)勢(せ)丹(たん)新(しん)宿(じゅく)本(ほん)店(てん)では(レストラン街で食べ歩き・飲み歩きができる)体(たい)験(けん)型(がた)イベントを企(き)画(かく)する。

プレミアムフライデーは({GDP(国(こく)内(ない)総(そう)生(せん)産(さん))の約6割(わり)を占(し)める}消(しょう)費(ひ)が盛(も)り上(あ)がらない)中、(対(たい)策(さく)を練(ね)っていた)経(けい)済(ざい)産(さん)業(ぎょう)省(しょう)と日本経済団(だん)体(たい)連(れん)合(ごう)会(かい)(経(けい)団(だん)連(れん))の意(い)向(こう)が一(いっ)致(ち)し、昨年の12月に取り組み方(ほう)針(しん)を公(こう)表(ひょう)。官(かん)民(みん)連(れん)携(けい)の推(すい)進(しん)協(きょう)議(ぎ)会(かい)も設(せっ)置(ち)された。

推(すい)進(しん)役(やく)の経(けい)団(だん)連(れん)は、最(さい)初(しょ)は旗(はた)振(ふ)り役(やく)を務めるが、(基本的には企業の自(じ)主(しゅ)的(てき)な取り組みに任せる)方針だ。大(だい)和(わ)総(そう)研(けん)の長内智シニアエコノミストは、(「モノ消費の場合、金曜日に買っても(土曜、日曜に消費を控(ひか)える)可能性がある。(旅行や飲(いん)食(しょく)といった)(サービスなどコト消費を拡(かく)大(だい)させる)ことが重要」)と話す。

旅行業界中最大的JTB公司販賣2/24和3/31(五)為出發日期的旅行方案。也發行數量限定的團費或住宿費有打折的優惠券。促使當天自己的公司和集團公司的員工早點下班的一個方針。

餐飲業界中,三得利系列的一些餐廳進行了營業時間提早在15~18點限定以半價提供的酒。

百貨公司業界中已經陷入民眾因太多的大拍賣而對大拍賣沒有感覺的狀況,沒有辦法進行大規模的拍賣。因為プレ金實施規模不清楚,實在很難做到大型的活動。因為衣服販賣也陷入苦戰,伊勢丹新宿的本店也企畫了在美食街邊走邊吃、邊走邊喝的體驗型活動。

プレ金占國內生產額約六成的消費停滯不前的這個情形中,研究推敲政策的經濟產業省,經團連的意圖一致,在前年公開了方針。政府民間合作的推進協議會也被設置。

推進這個的經團連雖然一開始是擔任發出訊息策略,基本上是交付給企業自主的政策。大和董事長長內智說購物的場合中,會有即使是在星期五買,星期六日也持續要買的可能性。服務等的行動費也擴大是很重要的。

■必要な企業の本気度

(プレミアムフライデーが実(じ)効(っこう)性(せい)を持つか)は、サービスの普(ふ)及(きゅう)以(い)上(じょう)に、(企業が従(じゅう)業(ぎょう)員(いん)の退社時間を本気で繰(く)り上(あ)げられる)かがカギとなる。(大手でいち早く動いた)のは大和ハウス工(こう)業(ぎょう)だ。同(どう)社(しゃ)の樋(ひ)口(ぐち)武(たけ)男(お)会(かい)長(ちょう)が、経団連の榊原定征会長から直(ちょく)接(せつ)要(よう)請(せい)を受け、(偶(ぐう)数(すう)月(つき)の最終金曜の午後は半日有(ゆう)休(きゅう)とする)制度を導(どう)入(にゅう)した。(パートを含む)約2万人の全従業員が対(たい)象(しょう)だ。

もっとも(住(じゅう)宅(たく)展(てん)示(じ)場(じょう)などで働く)営(えい)業(ぎょう)部(ぶ)門(もん)では戸(とま)惑(ど)いもあった。大和ハウスだけ休みとなれば、機(き)会(かい)損(そん)失(しつ)にもなりかねない。一方で、(労働環境の改(かい)善(ぜん)に真(しん)剣(けん)に取り組んでいる)ことが世(せ)間(けん)に伝(つた)われば、イメージアップや優(ゆう)秀(しゅう)な人(じん)材(ざい)の獲(かく)得(とく)などにもつながる。(「来(らい)場(じょう)者(しゃ)の案内方法などを工(く)夫(ふ)して、休めるような努(ど)力(りょく)を求(もと)めていく」)(人(じん)事(じ)部(ぶ))という。

企業によってとらえ方はさまざま。(休日分(ぶん)散(さん)を訴(うった)えてきた)星野リゾートの星野佳路代(だい)表(ひょう)は(「(【金曜日から週末】に需要を集(しゅう)中(ちゅう)させる)のではなく、(休日を分散させる)ほうが、日本の観光業には望ましい」)と指(し)摘(てき)する。プレミアムフライデーは、(【有(ゆう)休(きゅう)取(しゅ)得(とく)が進まず】、【休日が集中する】現(でん)状(じょう)で生(う)み出(だ)された)苦(く)肉(にく)の策(さく)といえる。

プレ金會不會有實效性,比服務更重要的,企業能不能認真提前員工下班時間成為關鍵。很快運作的的是大和房屋。大和公司的樋口武男會長從經團連的榊原定征會長接受了直接的請求,引進偶數月份最後的星期五下午有薪假的制度。對象為全部員工包含打工的人約有兩萬人。

不過在房屋展示場等工作的營業部門也有不知道如何是好的狀況。只有大和房屋休息的話,說不定會有機會損失的可能。另一方面,向世間傳達勞動環境改善認真去執行的話,可能可以提高聲譽或獲得優秀人才。設計到場人的遊覽觀覽方法,尋求可以休息的樣子。

依照企業有各式各樣掌握的方法。以休息日分散為訴求的星野度假村的代表星野佳路指出不是把星期五到周末的需求集中,把假日分散才是日本觀光業的理想。プレ金能說是有薪假沒有進行、發展,而放假集中狀況下因而產生出來的苦肉計。

 

名詞+を前に(して)表示某個時期鄰近之前

 

Attachments

發表迴響

Your email address will not be published.

Post comment